追加カードで経費削減!ビジネスカードを徹底的に使いこなそう!

ビジネスカードの追加カード、知っておくべきポイント

ビジネスカードの追加カード

ビジネスカードを現在使っている方、導入を検討している方のほとんどは、個人・法人問わず事業主の方ですよね。
経費削減や経理の事務作業の手間を省くことができるビジネスカードは、とても重宝されているビジネスアイテムと言っても過言ではありません。

そんなビジネスカードで追加カードを発行することで、経費の管理や削減の面で大きなメリットが得られます。
また、従業員自身にもメリットがあるので、ビジネスカードの追加カードは発行すべきです!

そこで、従業員にビジネスカードを使ってもらうときの注意点、さらに追加カードについても詳しく解説していきます。
スマートに経理管理ができるビジネスカードを、もっと使いこなしましょう!

ビジネスカードは追加カードがあればもっと便利に!

中小企業・個人事業主の方であればぜひ持っておきたいのが「ビジネスカード」です。
ビジネスカードを持つことで、経費として購入したものや金額を一目でチェックすることが可能になるため、経費の事務処理がぐっとスムーズになります。

もちろん、従業員のいる事業主の場合、従業員もこのビジネスカードを「ある方法」によって使えば、経費の支払いが可能になります。

ただ、注意しておきたいのが「名義人」の存在。
ビジネスカードは保有者があり、実際に申し込みを行った法人代表者や個人事業主がカードの名義人となります。
この名義人以外がビジネスカードを使うことは規約違反となっているため、従業員は他の方法でカードを利用しなくてはなりません。

それが、追加カード。
ビジネスカードには、雇っている従業員に渡すための追加カードが用意されており、代表者・事業主から申し込みをすることで発行が可能。
この追加カードを使うことで、規約違反とならず経費の支払いができます。

従業員のために発行するとメリットがこんなに!

ビジネスカードに「追加カード」なるものがあるとわかりましたが、別に追加カードを発行しなくても良いのでは?と思いませんか。

しかし、事業主として従業員に追加カードを渡しておくことは、多くのメリットがあります。

  • 従業員が現金で立て替えをしなくて済む
  • すべての追加カードでの支払いでポイント還元を受けられる
  • 経費の精算が楽になる

以上のように、従業員に追加カードを持っていてもらうことでさまざまなメリットが発生することがわかりますね。

特に、経費関連で多いトラブルが「立て替え」です。
従業員が現金を持っていない場面で立て替えができない場合や、精算に時間がかかって従業員への負担になってしまうことがあるでしょう。
こういったお金に関連するトラブルは信頼関係に大きな傷を与えかねませんので、追加カードを渡しておくだけで会計がスムーズになり、お互いにストレスフリーとなります。

また、従業員がビジネスカードの追加カードで支払いを行うことで、こちらもカード使用分とカウントされるため、ポイント還元を受けられます。
追加カードがあれば、いつもの支払いでポイントを賢く貯められるチャンスということですね。

発行枚数無制限!便利な「JCB一般法人カード」を紹介

JCB一般法人カード

ビジネスカードにおける追加カードでひとつ注意しておきたいのが、発行する枚数です。
たとえば、従業員が3人の場合だと3枚の追加カードを発行することになると思いますが、ビジネスカードではそのぶん年会費がかかってしまいます。
事業主の方本人が持っているビジネスカードに加え、3枚の追加カードを発行した場合、合計4枚の年会費が必要に。
これを考えると、できるだけ年会費が安いものが望ましいですよね。

さらに、今後従業員が増える予定があったり、想定していたりする場合には、ビジネスカードが追加カードを発行できる枚数についても考えておかねばなりません。

そこでご紹介するのが「JCB一般法人カード」というビジネスカード。
こちらのビジネスカードは、追加カードの発行が無制限となっています。
つまり、今後従業員が増えてもその都度追加カードを発行できるため、安心して利用できるということですね。

また、費用面でも年会費は1枚あたり1,250円となっているため、月々にかかる費用で考えれば100円程度。
事務処理を大きく楽にしてくれるほか、支払いがスムーズになる上、ポイント還元があるためコストパフォーマンスに優れている…と、JCB一般法人カードは、まさに一石三鳥のビジネスカードです。

性能やサービスは従業員にも影響する

TOPページへ

従業員にもビジネスカードを渡したい場合、追加カードの発行が最適な手段であることがわかりました。
この追加カードですが、基本的には親となるビジネスカードと同等の性能やサービスとなります。

したがって、従業員にも利用してほしい性能やサービスを備えたビジネスカードを選ぶ方が吉。
そうすることで、より追加カードの利用による恩恵を受けやすいのではないでしょうか!

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました