ビジネスカードのステータスについて解説!おすすめの1枚とは

ビジネスカードのステータスとは?どれがおすすめ?

ビジネスカードのステータス

ビジネスカードには通常のクレジットカード同様、ステータスの高いものと低いものがあります。
できれば、より高いビジネスカードを持ちたいですよね。

ビジネスカードのステータスは、実はランクだけで決まるわけではありません。
様々な面から高いか低いかを見る必要があります。

たとえば、どんなにランクが高いビジネスカードでも、聞いたこともない発行会社の場合は少し不安感が募りませんか?
一言にビジネスカードのステータスと言っても、概念化されたものではないので、なかなか判断しづらいものです。

そこで今回は、ステータスの高いビジネスカードを持ちたいあなたに、おすすめのものを紹介します。

ビジネスカードのステータス性について

ビジネスカードのステータス性において、「ランク」は少なからず関わってきます。

一般・ゴールド・プラチナとあり、その順にステータス性が高くなります。
通常のクレジットカードと異なり、ブラックカードはありません。

一般ランクのビジネスカードは、年会費がかからなかったり、あるいはかなり安かったりしますが、性能やステータスはやや低め。
最低限の性能しか持ち合わせていないというビジネスカードも多いです。

ゴールドランクのビジネスカードは、一般ランクよりも年会費がかかりますが、その分性能やステータスがアップします。
そして、ややステータスが上がり、補償内容が豪華にもなります。

プラチナランクのビジネスカードは、さらに年会費がかかりますが、性能やステータス性が最も高いです。
ステータス性を求める方の多くは、このプラチナランクのビジネスカードへ申し込む傾向にあります。

国際ブランドや発行会社によって異なる?

ビジネスカードのステータスは、ランクだけで左右されるわけではありません。

実は、ビジネスカードの国際ブランドによってステータス性が変わることはご存知でしょうか?
国際ブランドではダイナース、次いでアメックスが高ステータスとされています。

ダイナースやアメックスは、通常のクレジットカードだけでなくビジネスカードも発行しています。
そのため、それらのビジネスカードは高ステータスです。

ダイナースやアメックスが高ステータスと言われる理由は、年会費や審査難易度が高く、発行できる人が限られるからです。
その点において、様々なビジネスカードで選択できるVISAやMasterCard、JCBは少々ステータス性が劣るのです。

また、ビジネスカードの発行会社によってもステータス性が変わります。

有名な三井住友やJCBは、日本の中では高いステータス扱い。
しかし、海外へ出れば、知らない方もいることでしょう。

ところが、ダイナースやアメックスは世界で認められています。
そのため、海外のどこへ出ようと高ステータスなビジネスカードとして認知されているのです。

デザイン性も抜群!おすすめは「アメックス・ビジネスゴールド」

アメックス・ビジネスゴールド

ステータス性の高さで最もおすすめするビジネスカードは、「アメックス・ビジネスゴールド」。
年会費が31,000円と他のビジネスカードより高額なだけあって、所持できる方は限られるかと思います。

アメックス・ゴールドカード(個人向けクレジットカード)は、女性にモテるクレジットカードとして1位を獲得。
アメックス・ビジネスゴールドは、そのクレジットカードのビジネス向けのものなので、十分にステータス性が高いと思われます。

そして、名前からわかる通り、アメックスが発行するゴールドランクのビジネスカードです。
国際ブランド、発行会社が共にアメックス、しかもゴールドランクとなれば、高ステータスであることは容易にわかりますね。

そんなアメックス・ビジネスゴールドは、4つのユニークなサービスを提供しています。

まず、ビジネスカード限定のイベントへの招待です。
ビジネスネットワークを広める機会になり、人脈作りに有効です。
自分と同じビジネスカードを所有している、ステータスの高い人が集まるイベントに参加することで、より自身のステータスの高さを感じられます。

次に、ゴルフ関連サービスです。
接待や親しい方とのプレーのために、イベントの開催や国内外のゴルフ場の無料手配などの、ゴルフ関連サービスをアメリカン・エキスプレスが提供します。

そして、カード会員限定で京都の特別観光ラウンジを利用できます。
同伴者3名まで利用可能なため、大切な人との旅行や出張などで活躍します。

最後に、ゴールド・ワインクラブです。
カード会員限定で、ワインに関する様々なサービスを受けられます。
入手困難なワインや季節のおすすめワインなどを、ゴールド・ワインデスクで購入可能です。

銘柄についての質問や、予算に応じたワイン選びの相談にソムリエやバイヤーが答えてくれます。
アメックス・ビジネスゴールドのステータスは、支払いで見せることのみならず、珍しいワインの購入などにも発揮できます。

このように、アメックス・ビジネスゴールドはステータスのみならず、付帯サービスがかなり充実しているためおすすめ。
他にも、最大1.0%のマイル還元率や、最高1億円の旅行傷害保険なども備わっているので、ぜひ検討してみてください!

年会費や性能も考慮しなければ後悔することも…

TOPページへ

今回、ステータス性の高いビジネスカードとして、アメックス・ビジネスゴールドを紹介しました。
アメックスという要素はもちろん、重厚感のあるデザインも高ステータスビジネスカードとして嬉しいですよね。

とはいえ、高ステータスなビジネスカードだけあって、年会費が少々高額。
そういった面で考えると、導入するビジネスカードを本当にステータス性のみで決めてしまってよいのか考えてみても良いかもしれません。

他のビジネスカードと年会費や性能を比較し、今一度検討してみるというのも1つの手段ではないでしょうか?

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました