ビジネスカードのサイン、名義は個人?会社名?もう迷わない使い方!

ビジネスカードの困ったを解決!サインで慌てないために

ビジネスカードのサイン

ビジネスカードを使う方へ、サインをする場面になったときに困ったことはありませんか。
いざビジネスカードを出してサインを求められたときに、誰の名前を書くべきなのか、また、個人なのか会社の名前を書くべきなのか迷いますよね。

そこで、いざビジネスカードを使うときに知っておかなくてはならないサインの名義や、ビジネスカードの基本的な使い方について解説していきます。
さらに、年会費もお得でビジネスカードにぴったりの「JCB一般法人カード」についてもご紹介します。
ビジネスカードのサインで迷っている方、今後慌てずに対応できるよう、ぜひとも知っておきましょう!

サインは必ず「名義人本人」が行う

ビジネスカードのサインですが、結論から言えば「カードの名義人」がサインをしなくてはなりません。
つまり、「そのビジネスカードを持っている」と登録されている人のことですね。
そのビジネスカードを使うのは会社の人間だけど…という場合でも、会社名や事業名ではなく、あくまで名義人本人の名前でサインをしなくてはなりません。

サインできる人限定し、名義人のみがそのビジネスカードを使えるようにする意味は、使用者を特定することです。
不正がないようにすることはもちろん、ビジネスカードとして経費計上をスムーズに行う上で必要なことなのです。

では、ビジネスカードの名義人本人ではなく、違う人が偽ってサインをしても良いのでしょうか。

使いまわしに注意!あまり知られていない落とし穴

ビジネスカードを使って仕事に使うものを購入する機会があると思いますが、ここで注意しておきたいのが「ビジネスカードの使いまわし」です。

たとえば、買い出しを頼まれたスタッフが別の名義人のビジネスカードを渡されて買い物をする場合。
ビジネスカードを使えばサインを求められますが、今使っている自分の名前をサインすべきなのか、券面に記載されている名前をサインすべきなのか、あるいは会社の名前をサインすべきなのか…迷ってしまいますよね。

しかし、前述のようにビジネスカードのサインでは、あくまでビジネスカードを持っている人、つまり名義人本人のサインが必要となりますので、使いまわすことはできません。

そもそもビジネスカードに申し込むことができるのは、個人事業主、もしくは法人代表者。
その上で、従業員がビジネスカードを使いたい場合には、追加カードを発行する必要があります。

追加カードとは、一般的なクレジットカードにおいて、夫と妻が同じ種類のカードを持つ「家族カード」のようなカードのこと。
名義人を従業員にできるので、従業員自身がサインできます。

ただ、複数枚発行するとその分年会費がかかってしまう、管理が大変そうというイメージがあるのではないでしょうか?
そこで、何人も従業員のいる方にぴったりのビジネスカードをご紹介します!

JCB一般法人カードでビジネスカードデビュー!

JCB一般法人カード

複数の従業員にそれぞれ追加カードを発行して渡すことを考えたとき、ネックになるのは年会費。
できるだけ安く、なおかつ使い勝手の良いビジネスカードだと嬉しいですよね。

そこでおすすめなのが「JCB一般法人カード」です。
年会費はわずか1,250円で、ネットからの入会であれば初年度無料となっているのが嬉しいポイント。
従業員に渡す追加カードも、同じく1枚あたり年会費1,250円にて、無制限で作ることができます。

さらに、国内外最高3,000万円の旅行傷害保険も付帯していること、仕事で必要な買い物でポイントをお得に貯められるなど、魅力的なビジネスカードとなっています。

貯まったポイントは話題の家電製品をはじめ、ギフト券や電子マネーへの交換、さらにビジネスカード支払い額に充てることも。
JCB一般法人カードのポイント還元率は最大0.75%となっているので、経費として計上しながらポイントをお得に貯めることが可能です。

従業員に追加カードを渡しておけば、いざビジネスカードを使う場面になっても、従業員本人がサインできるので大丈夫。
サインの名義についても、これで心配することはありません。

使用者が限定されているなら性能を求めるべし!

TOPページへ

今回、従業員でもビジネスカードを使用した際にサインができるよう、JCB一般法人カードを紹介しました。
とはいえ、JCB一般法人カードは大量発行できることなので、使用する従業員が少なければ、性能を優先してビジネスカードを選んでも良いと思います。

たとえば、還元サービスの優れたビジネスカードであれば、従業員が使用した場合に受けられる還元が高く、経費削減に繋がりやすくなります。
こういったメリットもあるので、1度様々なビジネスカードを見てみるのも良いでのはないでしょうか?

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました