ビジネスカードの審査のポイントは?申し込み時はココをチェック!

ビジネスカードの審査は不安がいっぱい?

ビジネスカードの審査

ビジネスカードの審査基準や、審査対策で気をつけたほうがいい内容をご紹介します。

ビジネスカードを持ちたくても、審査が心配になるのは自然なことです。
「開業したてで利益があまりない」という方もいます。
以前支払い遅延があり、クレジットカードヒストリー・信用状態が悪いのではないかと懸念することもあるでしょう。

しかし、世間一般で言われる基準に対して、結構多くの人が基準値未満でも、ビジネスカードを発行しています。
ビジネスカード申し込み時の基準や、対策で行えることは何でしょうか?
審査に通りやすいという口コミの多いビジネスカードもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

ビジネスカードの審査基準

それでは、まずビジネスカードの審査基準を確認していきましょう!

設立3年で黒字決算2期以上

一般的に発行会社は、ビジネスカードの審査基準を公表していません。
しかし、ビジネスカードを申し込む際の審査基準としてよく言われるのが、「設立3年以上で黒字決算が2期以上続いていること」です。

事業を始めたばかりだと、資金回収にいたっていない場合も多いです。
発行会社としては、ビジネスカードの会員を増やしたい思いはあっても、未回収は避けたいもの。
そうなると、すでに安定した収益をあげている会社が対象になり、上記の審査基準がよくあげられるのでしょう。

設立3年・黒字決算2期以上を満たしてなくてもOK?

よく言われる「設立3年で黒字決算2期以上」という審査基準。
しかし、ビジネスカードの口コミなどを見ると、「全然審査基準を満たしていなくてもビジネスカードを持てた」という声が多くあります。

なかには設立初年度からビジネスカードを持てたというケースも。
個人事業主も同じくビジネスカードの審査に通っているので、事業形態は関係ありません。
設立3年や黒字決算2期以上は、あくまでの1つの基準に過ぎないのでしょう。

落ちないようにするためにはココに気をつける

ビジネスカードに申し込んだのに、審査に落ちてしまっては発行できません。
そうならないためにも、少しでも審査落ちの可能性を下げる方法を紹介します。

固定電話を設ける

事業用の固定電話は、ビジネスカードの審査において大切です。
一人社長の場合、携帯電話だけで十分と考えるかもしれませんが、ビジネスカードの申請時には固定電話を設けたほうがいいでしょう。

しっかりと事業として存在していることを、発行会社にアピールできます。
IP電話でも審査に通ったという人もいるので、検討してみるといいでしょう。

ホームページを作成する

ホームページもビジネスを行っている裏付けになります。

ホームページ上で商品を販売したり、顧客を募集したりすれば、事業として成り立っているのが伝わるでしょう。
ビジネスの実績なども紹介でき、発行会社により信頼してもらえます。

申込用紙を埋める

基本的なことですが、ビジネスカードの申込用紙をすべて埋めるのは重要です。
「ちょっとくらい省略してもいいかな」と思っても、すべて埋めたほうがいいでしょう。

先ほども紹介した固定電話番号やホームページなど、取得できるものは取得してからビジネスカードに申し込むことをおすすめします。

キャッシング機能を付帯しない

ビジネスカードにキャッシング機能が付くと、少々審査が厳しくなります。
収入証明書を追加で提出しなければいけないなど、安定した収入があっても特別な審査があります。

まずはビジネスカードだけを所持したいのであれば、キャッシング機能は付帯しないほうがいいでしょう。
開業したてで収入が安定していない場合は、とくにそう言えます。

審査が不安な人におすすめの1枚を紹介

オリコEXGold forBiz

「審査に通りやすい」という口コミが多いのが、「オリコEXGold forBiz」のビジネスカードです。
このビジネスカードには、個人事業主向けの「EXGold forBizS」と、法人代表者向けの「EXGold forBizM」があります。

「審査が甘い」とまで言われることもあるオリコEX Gold for Biz。
ビジネスカードの審査に不安な方におすすめです。

オリコEXGold forBizには、うれしいポイント還元サービスが付いています。
通常のポイント付与は1,000につき1ポイント。
1ポイント5円相当なので、0.5%の還元率です。

それに加え、オリコEXGold forBiz会員は追加で20%のポイントが付きます。
還元率でいうと0.1%が追加され、0.6%の還元率になります。

+0.5%ゲットできるのは、年間の利用額に応じてポイント加算倍率が増える「クラステージ」です。
最大クラスは年間200万円以上利用した場合のステージ200。
通常の2倍のポイント(+0.5%の還元率)をゲットでき、合計最大1.1%の還元率になります。

貯まったポイントはカタログ商品の注文や、オリコポイントに移行後に各種電子マネーへの交換に使えます。
審査が通りやすいという評判の多いビジネスカードでも、高還元率のポイントサービスを享受できます。

性能も比較することが大切

TOPページへ

今回で、ビジネスカードの審査について、しっかりと理解できたのではないでしょうか?
そうなると、審査の通りやすさだけでなく、ビジネスカードの性能も比較してみることをおすすめします!

やはり、ビジネスカードを導入できても、想像と違った性能では落胆してしまうこともあります。
そうならないためにも、1度どんなビジネスカードがあるか探してみてはいかがでしょうか?

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました