ビジネスカードの利用限度額とは?上げ方と下げ方、おすすめも紹介!

ビジネスカードの利用限度額について解説!おすすめ1枚とは

ビジネスカードの利用限度額

ビジネスカードの利用限度額について、この記事では詳しく説明しています。

利用できる上限が決まっているビジネスカード。 
そのなかで、利用限度額とは何か、どのように上げたり下げたりすればいいのか気になりますよね。

実は、ものにもよりますがビジネスカードの利用限度額の調整は、全く難しくなく簡単に行うことができます。
ビジネスカードを所持するうえで、必ず知っておくべき情報です。

今回はビジネスカードの利用限度額の概要や、おすすめの1枚を紹介します。
自分で上限を変更しなくとも済むため、便利なビジネスカードです。

ビジネスカードを使用する機会が多い方は、絶対に知っておきましょう!

ビジネスカードの利用限度額とは?

利用限度額とは、そのビジネスカードで決済ができる上限のことです。
例えば利用限度額が10万円の場合、10万円までは利用できますが、11万円からは利用できません。
このように、個人や会社が使いすぎないように設定されているものが利用限度額です。

もちろん、利用限度額はずっと制限されたままではなく、引き落としの際にその分リセットされます。
利用限度額が10万円あり、先月8万円利用したとします。
このとき、現在の利用限度額は2万円となります。

今月支払日が到来し、8万円を支払うと、現在の利用限度額が2万円から8万円分リセットされて10万円になるというシステムです。

ショッピング利用だけでなく、キャッシングの利用も利用限度額に含まれることが多いです。

上げる方法と下げる方法は?

利用限度額の調整は、上げるのも下げるのも発行会社に連絡することで対応してもらえます。

発行会社のホームページに、クレジットカードやビジネスカードの問い合わせ窓口が記載されているため、そこに連絡してください。

ホームページを使わずとも、ビジネスカードの券面にも連絡先が記載されているため、そちらで確認することも可能です。

また、問い合わせ窓口は平日のみ空いていたり、時間が決まっていたりするという制約があるため、事前に確認しておきましょう。

利用限度額を下げることは簡単にできますが、上げる場合は金額よって審査があります。
そのため、場合によっては上げられないこともあるため注意しましょう。

一律上限を設けていないおすすめの1枚とは

アメックス・ビジネスゴールド

ビジネスカードには限度額が設定されますが、基本的に種類によって上限が決められています。
ところが、一律に利用限度額を定めていないビジネスカードがあります。
そのビジネスカードが「アメックス・ビジネスゴールド」です。

一律の利用限度額がないとは、無制限に利用できるのではなく利用者の返済能力によって利用限度額が変わるということです。
人によっては100万円だったり500万円だったりとまちまちです。

アメックス・ビジネスゴールド自体の審査はそこまで難しくないため、審査基準ぎりぎりで受かった人は、利用限度額が低くなる傾向があります。

一般的な国際ブランドであるVISAやMasterCard、JCBのビジネスカードは利用限度額を設定していますが、これらは審査さえ通れば利用限度額上限まで上げることも可能です。
ただ、上限が設定されている以上の利用はできないという大きなデメリットを抱えています。

一方、このビジネスカードの利用限度額は上限がないため、個人の信用によって変化します。
返済能力があると判断されれば、1,000万円を超える利用限度額を設定されることも可能です。

アメックス・ビジネスゴールドの大きなメリットとして、100円の支払いにつき、1ポイント貯まります。
このポイントはマイルに交換可能で、ANAマイルに交換する場合は1,000ポイント1,000マイルに交換できます。

個人に対しては利用限度額が設定されているため、ポイントを貯めてマイルに交換し、出張を特典航空券で行うことで実質的に利用限度額を超えた利用が可能になります。

マイルの1%還元は珍しく、特に還元率が低く設定されがちなビジネスカードにおいて、アメックス・ビジネスゴールドはかなりの高還元であるといえます。

金額は発行会社によって様々

TOPページへ

今回、利用限度額の高いおすすめのビジネスカードとして、「アメックス・ビジネスゴールド」を紹介しました。
このビジネスカードは、利用限度額に上限を設けていないため、高い利用限度額を求める方にとって嬉しい1枚となっています。

しかし、あくまで上限が設けられていないだけなので、発行会社の判断では低い利用限度額に設定されることもあります。
そのため、実は別のビジネスカードの方が利用限度額が高いということもあるのです。

あなたが既に利用している発行会社や、審査基準が低めな発行会社であれば高い利用限度額に設定しやすいので、ぜひ探してみてください!

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました