年会費無料のビジネスカードを持つべき理由|おすすめの1枚はコレ!

年会費無料のビジネスカードは持つべき?

年会費無料のビジネスカード

年会費無料のビジネスカードは持っていて損がなく、メリットばかりです。

個人事業主や会社法人としてビジネスを行っていると、どうしても気になるビジネスカード。
国際ブランドや付帯サービスなどの違いがさまざまあるので、どのビジネスカードがいいのか悩みます。
年会費が無料のものだと、たいしたサービスを受けられないのではないか、という心配もあるでしょう。

しかし、年会費無料のビジネスカードには、とてもうれしいメリットがあります。
特定の条件をクリアすることで年会費が無料になるビジネスカードも。
ただで有料のビジネスカードと同等のサービスを受けられるなら非常にお得です。

こちらのページでは、年会費無料のビジネスカードのメリットや付帯サービスについてご紹介します。
おすすめのビジネスカードについてもまとめました。
事業を行ううえで持っていて損にはならない年会費無料のビジネスカードについて、ぜひ参考にしてください!

年会費無料のビジネスカードのメリット

まずは、年会費無料のビジネスカードを所持するメリットをご紹介します。

経費精算の手間がかからない

個人事業主や会社法人に求められる会計処理。
支払いを経費で落とせるのは利点ですが、勘定項目など会計知識が必要でストレスになります。
その点年会費無料のビジネスカードであれば、経費精算する必要がありません。

また、ビジネスカードがなく、銀行振込などで支払いを行っているとどうでしょう?
振込手数料が発生し、その都度経費も精算しなければいけません。
クレジットカードなら振込手数料がかからず、出費や経費精算の負担が軽減します。

コストを掛けずに導入できる

有料のビジネスカードのなかには、年に何万円もの費用がかかるものもあります。
いつかはハイクラスのカードを所有したいと思っても、売り上げとの関係で躊躇してしまうかもしれません。

年会費無料のビジネスカードなら、コストがかからないので気楽に申し込めます。
事業を始めたばかりで収入がまだあまりない人でも、年会費無料でビジネスカードを持てるのはメリットです。
最初のお試しとして使ってみて、収益のアップとともに上級ビジネスカードに乗り換えてもいいでしょう。

サブで使う1枚として最適

メインで使うのは有料のビジネスカードで、サブカードを無料のものにするのもおすすめです。
サブカードを用意しておくのは、ときに利用限度額や国際ブランドの関係でメインカードが使用できないことがあるからです。
サブカードがないと現金で支払うことになり、ビジネスカードの利点を生かすことができません。

普段使うメインカードに加えて、サブカードまで費用がかかると負担に感じる人もいます。
緊急時用のサブカードは、年会費無料のほうが気楽に持てます。

年会費無料のビジネスカードの付帯サービス

年会費無料だからといって、全然魅力がないわけではありません。
カード会社が提携している企業のサービスが割安になる優待サービスや、利用額に応じてポイントが貯まる還元サービスもビジネスカードの魅力です。

一般のクレジットカードのように、ETCカードや海外旅行保険が付帯しているものもあります。
ビジネス目的の移動や出張で使える便利なサービスが年会費無料のビジネスカードが付いているのは助かります。

三井住友forOwnersクラシックがおすすめ

三井住友forOwnersクラシック

数ある年会費無料のビジネスカードのなかで、おすすめしたいのが「三井住友forOwnersクラシック」です。
このビジネスカードは、インターネット経由の申し込みで初年度年会費無料。

2年目以降は1,250円ですが、下記条件を満たせば年会費が無料になります。

  • 「マイ・ペイすリボ」に登録
  • 年1回以上カードを利用

上記の条件を満たせば、ずっと年会費無料でビジネスカードを持ち続けられます。

条件に含まれている「マイ・ペイすリボ」とは支払い方法の1つで、「事前に設定した毎月のお支払い金額を超えたご利用分が自動的にリボ払いになるサービス」です。

たとえば、月々の支払金額を10,000円として登録した場合、リボ払い利用枠内であればいくら使っても毎月引き落とされるのは10,000円のみ。
未払い分は翌月に繰り越されていきます。

ただし、マイ・ペイすリボに限ったことではありませんが、リボ払いには手数料がかかります。
三井住友forOwnersクラシックの場合、年率実質15%です。
手数料が取られると、年会費無料のメリットが得られません。

おすすめの方法は、マイ・ペイすリボの支払額をビジネスカードの利用限度額と同じ額に設定する方法です。
こうすればリボ払いが適用されず、手数料が発生しません。
年会費無料の恩恵をフルに受けられます。

年会費だけでなく、三井住友forOwnersクラシックのポイントサービスについてもご紹介します。

通常ポイントは、合計利用金額1,000円につき1ポイント付与。
ポイントが貯まると、景品をゲットしたり他企業のポイントへ移行したりできます。

年会費無料のビジネスカードにも関わらず、獲得ポイントが5倍になる提携店舗もあります。
セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、マクドナルドなどの店舗です。
付与されるのは、250円につき1ポイントです。通常ポイントとは別に付与されるので、追加分のポイントとなります。

それだけでなく、このビジネスカードはキャッシング機能も充実しています。
三井住友forOwnersクラシックは、年会費実質無料なのに最高50万円の借り入れが可能。
10,000円単位で何度でも利用できます。

海外でのキャッシングの利用枠も最高50万円。
なお、利用枠は個人カードとの合算です。

有料であればそれなりのサービスを味わえる

TOPページへ

今回は、年会費無料のビジネスカードについて紹介しました。
やはり、無料で所持できることを魅力的に感じる方も多いことでしょう。

とはいえ、やはり年会費を支払えば、それなりのサービスがビジネスカードに付帯します。
それにより、事業への貢献度が変わってくるので、1度確認してみてはいかがでしょうか?

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました