ETCカードが発行できるビジネスカードの選び方|お得な1枚はコレ!

ETCカード対応のビジネスカードを利用しよう

ETCカードが発行できるビジネスカード
ビジネスカードに追加できるETCカードの費用や発行枚数について説明します。

事業用の車に搭載しておくと便利なETCカード。
清算や会計処理のことを考えると、これを発行できるビジネスカードの方がおすすめです。
自動車が何台あっても一括で管理でき、経費の精算漏れがありません。

しかしETCカードを発行できるビジネスカードの種類はたくさん。
発行手数料や年会費もビジネスカードそれぞれなので、選ぶのに迷ってしまいます。

今回はETC基準でビジネスカードを選ぶときのポイントをいくつか紹介します。
お得にETCカードを使えるビジネスカードもありますので、ぜひ参考にしてください!

発行できるETCカードの特徴

有料道路をキャッシュレスで通過できるETCカード。
基本的にどのビジネスカードでも発行できます。

しかし、ETCカードの発行可能枚数や費用、ポイント還元の有無などは、ビジネスカードによってさまざまです。
有料道路の使用規模や頻度に合わせてビジネスカードを選ぶのがいいでしょう。

この際に気を付けてほしいのが、ETCカードが無料か否かという点です。

ビジネスカードによっては、ビジネスカードの年会費とは別に、ETCカードの費用が発生することも。
発行手数料か年会費のどちらかが必要となるビジネスカードもあります。

発行手数料は500~1,000円、年会費は500円が相場です。
ただし、一切ETCカードの費用がかからないビジネスカードもあります。

発行可能枚数に注目!

「ETCカードが発行できる!」というビジネスカードでも、実際は1枚しか発行できないものも存在します。
そういったビジネスカードを選ばないためにも、ここではETCカードの発行可能枚数について解説していきます。

複数枚発行ができるものもある


ETCカードの発行枚数はビジネスカードによって変わります。
ビジネスカードや追加カード1枚につき、1枚しか発行できないケースもあります。

一方、ビジネスカードや追加カードの枚数に関係なく、複数枚発行できるタイプのビジネスカードも。
なかには、ビジネスカード1枚に対し、ETCカード99枚まで発行できるものも存在します。

事業として営業車や作業者を多数使用している場合、有料道路を利用する従業員が増えることもあるでしょう。
その際、ETCカードの発行可能枚数が多いビジネスカードであれば、別のビジネスカードを再契約する必要がなく便利です。

ビジネスカードの年会費にも注意

ETCカードの発行手数料や年会費が無料でも、ビジネスカードの年会費がかかることがあります。
とくにETCカードを1枚しか発行できないビジネスカードは、年会費が発生することが多いです。

いくらETCカードが無料でも、ビジネスカードの年会費を支払っていれば本末転倒。
ほかのサービスが充実している場合もありますが、費用対効果を考えたほうがいいでしょう。

ETCカードを使うならこの1枚がおすすめ!

JCB一般法人カード

ETCカードを基準にビジネスカードを選ぶなら、「JCB一般法人カード」がおすすめです!

JCB一般法人カード」、ビジネスカード1枚でETCカードを何枚でも発行できます。
すでに複数台車を所有しているオーナーはもちろん、今後車の台数が増える可能性のある人にもおすすめです。

JCB一般法人カードのETCに関連してうれしいことは、発行手数料や年会費が無料なことです。

ETCカードの年会費は、発行会社が負担してくれます。
そのため、ETCカードを増やすのに費用はかかりません。

レンタカーを借りる時のために、予備としてETCカードを発行しても問題なし。
ETCカードを事前に発行しておくことで、日々の業務がより快適でスピーディーになるでしょう。

そんなJCB一般法人カードは、ポイント還元サービスも悪くありません。
付与ポイントは1,000円につき1ポイント。
1ポイントあたり5円の価値があるので、還元率は0.5%です。

さらに「JCBスターメンバーズ」という獲得ポイントアップシステムを利用できます。
これにより、JCB一般法人カードの場合、年に100万円以上利用すると、0.75%の還元率になります。

貯まったポイントは、マイルなどに交換したり、ビジネスカードの請求金額と相殺したりすることもできます。
まさに、ビジネスカードで経費を減らせるチャンスです。

しかも、ビジネスカード自体の年会費は通常1,250円かかりますが、インターネット経由で入会すれば初年度無料になります。
2年目以降は年会費1,250円が発生しますが、ETCカードが何枚発行しても無料なので、元は取れるでしょう。

海外と国内の旅行傷害保険を付帯させることができますし、海外のショッピングガード保険も最大100万円補償されます。
したがって、JCB一般法人カードは、サービスが充実しているビジネスカードと言えます。

付帯サービスなどを考慮することも大切

TOPページへ

今回、ETCカードの発行するならJCB一般法人カードをおすすめしました。
しかし、人によってはこのビジネスカードに向かないということもあります。

たとえば、最も高い還元率を求めている方や、さらに高額な保険を求めている方など。
そういった方は、JCB一般法人カード以外にもETCカードを発行できるビジネスカードがあるので、それらを比較してみると良いでしょう。

ビジネスカードを探す

タイトルとURLをコピーしました