ビジネスカード総合情報研究所

ビジネスカード総合情報研究所

当サイトでは、中小企業の経営者や個人事業主の方向けに、ビジネスカードにまつわる様々な情報を掲載しています!

「ビジネスカードという言葉を耳にしたけどどんなものなんだろう…」
そういった疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか?

ビジネスカードは、経費の支払いを行うためのクレジットカード。
中小企業や個人事業主向けに作られていて、所持することでビジネスでとても役に立ってくれます!

主なビジネスカードのメリットとしては、経費管理の簡略化や経費削減など。
ビジネスカードで経費を支払うだけでこれらのメリットが得られるので、多くの中小企業の経営者や個人事業主の方が導入しています。

そんなビジネスカードについて、当「ビジネスカード総合情報研究所」では、性能から審査の情報まで徹底解説!
ビジネスカードを比較できたり、おすすめの1枚が知れたりするので、ぜひご覧ください。

ビジネスカードとは?

ビジネスカードとは

ビジネスカードとは、中小企業、及び個人事業主向けに発行されているクレジットカードのこと。
クレジットカードとはいうものの、基本的には業務上で発生した経費の支払いに使用します。

ビジネスカードを経費の支払いのみに使用することで、経費の支払いが全てビジネスカード1枚に集約。
これにより、経費の確認はビジネスカードの利用明細を見れば一目でわかります。
なので、経費の精算がとてもわかりやすくなるのです!

また、ビジネスカードの特徴として、引き落とし先に「法人口座」や「屋号口座」を指定できるということも挙がります。

法人口座とは法人のみが作成できる銀行口座で、屋号口座とは個人事業主が作成できる銀行口座。
特に、法人口座を指定できるクレジットカードは非常に限られているため、これは大きなビジネスカードの強みといえます。

コーポレートカードや法人カードとの違いって?

コーポレートカードや法人カードとの違い

ビジネスカードをご存知の方の中には、「コーポレートカード」や「法人カード」という言葉を聞いたことがある方もいると思います。
これらの意味の違いはご存知でしょうか?

コーポレートカードとは、ビジネスカードとは違い、大企業向けに発行されているクレジットカードのこと。
主に、20人以上の従業員に発行できるもののことを呼びます。

ビジネスカードは中小企業と個人事業主向け、コーポレートカードは大企業向けのクレジットカード。
これら2つは、事業向けのクレジットカードとして扱われます。

そして、法人カードとは事業向けクレジットカードの総称のこと。
つまり、ビジネスカードとコーポレートカードは、「法人カード」として一括りにされるわけです!

とはいえ、発行会社によっては、ビジネスカードやコーポレートカードという言葉に対し、独自の定義を設けていることもあります。
また、法人カードではなく「法人クレジットカード」と呼ぶケースもあるので、覚えておくと良いでしょう。

ビジネスカードを導入するメリット

ビジネスカードのメリット

ビジネスカードを検討するにあたって、導入後に得られるメリットがわかっていなければ導入にはなかなか踏み出せないですよね?
そこで、ビジネスカード導入後に得られるメリットについて紹介します!

まず、ビジネスカードのメリットとして最も大きいのが、経費管理の簡略化です。

今まで公私が混同していたクレジットカードの支払いが、プライベートと経費でしっかりと分かれて明確化されます。
経費となるものほとんどをビジネスカードで支払っていれば、経費精算時はかなりの時間短縮になることでしょう。

また、今まで現金で行っていた支払いをビジネスカードにすることで、経費管理の簡略化だけでなく、還元サービスを受けられるという新たなメリットが得られます。

現金払いの場合、ポイントカードのようなものがなければ、まず還元は得られません。
しかし、還元サービスのあるビジネスカードで決済することで、それだけでポイントやマイルなどの還元が受けられます。

ビジネスカードによっては、月間で数万円の還元を受けられるケースも。
大きな手間を掛けることなく経費削減を行えるのは、非常に大きなメリットではないでしょうか!

それだけでなく、還元サービス以外の付帯サービスによる恩恵も受けれます。
例えば、保険サービス・空港ラウンジサービス・優待サービスなど。
これらのサービスは、経費削減はもちろん、作業効率化などのメリットがあります。

こういったメリットは、追加カードを発行することで、従業員も得られるようになります。
追加カードとは、親となるビジネスカードと引き落とし口座は全く同じ従業員用カードのこと。
ビジネスカードごとに発行可能枚数は異なりますが、基本的に複数枚の発行ができます。

経費管理の簡略化・経費削減・作業効率化など、多くのメリットが得られるビジネスカード。
従業員にも発行することでさらなるメリットも見込めると思うと、導入を検討できるのではないでしょうか?

導入するビジネスカードの選び方

ビジネスカードの選び方

ビジネスカードを導入しようと思うものの、実際に調べてみるとその数が多く、選ぶのに迷ってしまう方もいるのではないでしょうか?

ビジネスカード導入にあたって最も大切なことは、あなたが考えている目的や悩みを明確化すること。
これをせずにビジネスカードを選ぶと、そのビジネスカード本来の良さが出せなかったり、そもそも発行すらできなかったりしまいます。

そんなことにならぬよう、ビジネスカードの選び方を紹介します。

ポイントは経費削減に貢献!初心者にもおすすめ!

ポイント

ほとんどのビジネスカードでは、ポイントを貯められます。
このポイントを利用することで、経費削減を行える。

ポイントを貯める方法は至って簡単で、ビジネスカードで経費の支払いをするだけ。
後は、各ビジネスカードのタイミングでポイントが貯まっていきます。

このポイントは、各発行会社が運営するポイントサイトにて商品や電子マネーなどと交換可能。
おすすめは、基本的に最も還元率の高いギフト券です!

例えば、このギフト券を使用してオフィス用品を購入すれば、本来の購入金額より安くなり、その分経費が削減されますよね?
このように簡単に経費削減を行えるので、初めてビジネスカードを持つ方は、ポイントの貯めやすさでビジネスカードを選ぶことをおすすめします!

マイルは航空券を入手できる!出張費削減が行える!

マイル

航空券との交換ができる「マイル」。
このマイルをビジネスカードによっては貯められます。
航空券との交換と聞いて、ビジネスカードでマイルを貯めたいと思う方もいるのではないでしょうか?

ビジネスカードでマイルを貯めれば、そのマイルを使用して実質的に出張費の削減が可能。
飛行機を利用する出張でマイルを使用すれば、その際の交通費はマイルによって相殺されます。

マイルを貯める場合、ポイントからマイルへと移行できるビジネスカードがおすすめ。
なぜなら、そうでないビジネスカードの場合、基本的に還元率が低くなってしまうからです。

とはいえ、各ビジネスカードの「マイル還元率」の高さを見れば、どれを選べば良いかはわかると思います。

事業が不安定な方は審査の通りやすさを重視すべき

審査

「事業を開始したばかり」「このところ経営状況が良くない」
そういった方たちは、そもそもビジネスカードが発行できるか不安を抱えてはいませんか?

正直なところ、その不安は正しいです。
もし、発行できるか不安に思っている方は、審査の通りやすさでビジネスカードを選びましょう。
なぜなら、審査に落ちてしまうと、別のビジネスカードの審査を申し込む際にもハンデを背負ってしまうからです。

ビジネスカードの審査に落ちた場合、別のビジネスカードの審査にも影響します。
この審査落ちの情報は、6ヵ月間残ると言われています。
そのため、審査に落ちたから次のビジネスカードと、数打ちゃ当たる方式に申し込んでも、発行される可能性は低いのです。

したがって、ビジネスカードを審査の通りやすさで選ぶことはとても重要なこと。
まずはビジネスカードを1枚所持し、ある程度利用してから2枚目にワンランク上のものを申し込むというのも1つの手段です。

年会費は経費に含まれるのであまり考慮しなくて良い

年会費

ビジネスカードを導入するにあたって、年会費を気にする方もいるかと思います。
しかし、実際のところはそこまで気にせずとも問題ありません。
というのも、ビジネスカードの年会費は経費として精算できるからです。

個人用クレジットカードの場合、私的な利用が含まれるため、場合によっては経費として扱われません。
ですが、ビジネスカードは経費の支払いを行うれっきとしたビジネスの道具なので、経費としての精算が可能です。

とはいえ、「コストを掛けなくない」「経費処理をできる限り減らしたい」と思っている方は、年会費無料のビジネスカードを選ぶのも良いと思います。
ただし、ある程度の年会費を支払うことで性能が大きく変わるので、有料のビジネスカードを選ぶことをおすすめします。

当サイトがおすすめする3枚のビジネスカード

おすすめのビジネスカード

発行会社や国際ブランドで性能が異なるビジネスカード。
様々なビジネスカードを比較した結果、「結局どのビジネスカードがいいの…?」と思う方もいると思います。

そんな方のため、当サイトが選ぶおすすめのビジネスカード3枚を紹介します!

オリコEXGold forBiz

オリコEXGold forBiz

低年会費でいながら、還元率とサービス性の高いビジネスカード、それが「オリコEXGold forBiz」です!

オリコEXGold forBizは、ゴールドランクにも関わらず、年会費が2,000円と低価格。
しかも、初年度の年会費は無料なので、初めてビジネスカードを所持する方でも申し込みやすくなっています。

それでいて、このビジネスカードのポイント還元率は最大1.1%と驚異的な高さ!
一般的なビジネスカードの平均ポイント還元率が0.5%ほどなので、それと比較すると2倍以上の還元が得られるということです。

さらに、このビジネスカードの国際ブランドを「Mastercard」にすれば、「招待日和」を利用できるようになります。

招待日和とは、2名分以上で利用した場合、1名分のコース料理が無料になるレストラン予約サービスのこと。
接待や会食時に利用すれば、食事代を浮かせることができます!

そんなオリコEXGold forBizは、審査が通りやすいと言われるビジネスカード。
安さといい、サービス性といい、申し込みやすさといい、誰にでもおすすめできるビジネスカードとなっています!

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネスアメックス

「高い還元率を求めている」「マイルを効率良く貯めたい」
そんな方には、「セゾンプラチナ・ビジネスアメックス」をおすすめします!

セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは、最大マイル還元率1.125%を誇るビジネスカード。
これほど高い還元にするには費用の掛かるビジネスカードが多いですが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスはそういったものをなしに実現できます!

それに加え、国内最高5,000万円・海外最高1億円の旅行傷害保険が付帯。
怪我や病気の際はもちろん、賠償責任なども補償対象となっているので、安心して出張へ行けるのではないでしょうか!

このように、非常に高いマイル還元率と旅行傷害保険を持ち合わせているので、飛行機の利用が多いビジネスマンから、非常に高い支持を得ているビジネスカードとなっています。

また、このビジネスカードは、プラチナランクというのが嘘かと思うほど低年会費。
通常年会費が20,000円というだけでも安いのに、年間利用額が200万円を超えていれば、翌年は半額になってしまうのです!

コンシェルジュサービスやプライオリティの無料発行も対応してこの年会費なので、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスは高コスパでおすすめなビジネスカードです!

JCB一般法人カード

JCB一般法人カード

ビジネスカードを導入する際、信頼できる発行会社に申し込みたい方もいるのではないでしょうか?
それに該当するビジネスカードは、まさに「JCB一般法人カード」です!

JCB一般法人カードは、名前からわかる通り、発行会社が「JCB」。
日本で最も知名度の高い発行会社と言っても過言ではなく、その知名度は非常に高いです。

さらに、JCBは国際ブランドの中で、唯一の日本国内産。
そのため、JCBは日本のクレジットカード業界を牽引する、まさに「最も信頼できる発行会社」に値するわけです。

そんなJCBが発行するJCB一般法人カードは、初めてビジネスカードを所持する方でも安心できるような性能を備えています。

このビジネスカードには、一般ランクながらに、高額な保険が付帯。
なんと、国内外最高3,000万円の旅行傷害保険から、年間最高100万円のショッピング保険まで備えています。

これほどの保険があって、年会費はたったの1,250円。
しかも、ネットから申し込めば初年度の年会費が無料になるという、初めてビジネスカードを所持する方に嬉しいキャンペーンを行っています。

ポイント還元率は、最大0.75%にもなるJCB一般法人カード。
コストパフォーマンスの高さでのおすすめできるビジネスカードなので、検討してみてはいかがでしょうか?

ビジネスカード総合情報研究所
タイトルとURLをコピーしました